よくある質問

よくある質問

Q. 営業時間は?
A. AM7:30~PM4:30までです。
Q. どのくらいの板厚まで加工できる?
A. 主な材質だと以下の通りです。
鉄     0.3~25.0
ステンレス 0.01~19.0
アルミ   0.3~10.0
(単位はすべて mm)
Q. 加工できる最大のサイズは?
A. 3050x1500までとなります。(単位はすべて mm)
Q. 材料の在庫は?
A. こちらをご覧ください。
Q. 工場の場所はどこ?
A. 〒350-1211
埼玉県日高市下高萩新田13-2
です。
少しわかりづらい場所にあるので、お越しになる際はご確認ください。
>>アクセスマップはこちら<<
Q. 遠方なんだけど、発送できる?
A. もちろん可能です。
宅急便で発送できないサイズも専門の業者にお願いすることもできます。通常はヤマト便の午前中着で発送しています。
サイズや必要数で変わりますが、単純形状の場合なら即日対応も可能です。
Q. 納期はどのくらい?
A. サイズや必要数で変わりますが、単純形状の場合なら即日対応も可能です。
通常、中1日~2日程度いただけば大半のモノは加工できます。
Q. 製品データはなにを送ればいい?
A. 通常は『DXF』データの支給をお願いしています。
複雑な曲げがある場合は『STEP』などの3次元データが必要になる場合もございます。
Q. 手書きの図面でも大丈夫?
A. はい。文字がしっかりと記入されていれば問題ありません。
Q. 図面はなにで送ればいい?
A. FAXまたはメールで送っていただいています。メールの場合は『PDF』形式でお願い致します。
Q. 図面データを送ると安くなる?
A. はい。安くなります。
『DXF』などの図面データをいただける場合は通常よりも値引きした単価でご案内しています。
Q. 材料を支給していい?
A. もちろん大丈夫です。
一般的ではない材料などの場合はお客様に支給していただく、レーザーカットのみのご注文も承っております。
一般材の場合は弊社の材料を使った方が安くなる場合がほとんどです。
Q. 寸法精度は?
A. 板厚によって差は出ますが、通常は±0.1 程度が目安になっております。
材質にもよりますが、1mmの板なら±0.02程度まで出すこともできます。
H公差があるような精度穴の場合は下穴加工後にリーマ加工をしています。
Q. パネルやアングルなどに追加工はできる?
A. はい、可能です。
専用の治具を使って加工するので精度よく加工することができます。
パイプやH形鋼、フラットバーの追加工もできます。
Q. 図面がないんだけど、型紙の通りに加工できる?
A. はい、可能です。
Q. 図面がないんだけど、サンプル品の通りに加工できる?
A. はい、可能です。
ただし、あまりに複雑な形状やサイズが大きい場合は寸法が取れないので加工できません。
Q. 特殊な材料なんだけど切れる?
A. 弊社では様々な特殊な材料を切ってきたノウハウがありますが、それ以外の場合はテストカット後の返答になります。
Q. タップ、曲げ、溶接なんかもできる?
A. はい、できます。
タップや曲げは弊社で作業し、曲げが複雑なモノやサイズの大きなモノ、また溶接に関しては協力会社に依頼しております。